人気ブログランキング |

カルビー成型ポテチ「ポテトチップスクリスプ 」

2016年10月10日(月)関東エリア発売開始。いよいよ店頭に並んだカルビーが放つ成型ポテチだ。
カルビー成型ポテチ「ポテトチップスクリスプ 」_b0360240_22330880.jpg

この商品の発表はお菓子ファンよりも経済界へのインパクトが強かった気がする。巨人カルビーが90年代から狙っていたものの踏み入れなかったいわば禁断の地になぜこのタイミングで飛び込むのか、そこに様々な憶測が広がった。結局はカルビー広報室のJ-castに対する回答「テスト販売をする中、手ごたえを感じたので『やるっきゃない』となり、今回発売に踏み切りました」これに尽きるのだろう。しかし2015年8月発売予定から遅れに遅れ1年2ヶ月後ようやく関東の消費者へ。この間何があったか。オフィシャルだと「生産段階において品質のバラつきが発生し、2015年7月に延期を決定。その後、品質改善プロジェクトを設置し、9ヶ月にわたる生産テストを重ねた」とある。我々をもってしてやはり今回も壁は厚かったが、いよいよそこを突破して発売実現しましたよと。

先だって北海道、東北・信越と販売されていたので噂には聞いていたが、なるほど固い。ガジっと噛みしめる感覚はパリっと軽い競合と明らかに異なる。味は良くも悪くもカルビーの味。慣れている自分には安心感があるがインパクトは無い。成型物はやはり通常のポテトチップスより味が落ちる。袋ユーザーがわざわざ成型に流れるとは考え辛い。ヒット成否は既存ユーザー(多くはプリングルズ、チップスター購買層だろう)をどれだけ奪えるかにかかる。

特にプリングルズとの争いはつまり「ペプシコ(カルビー株式20%保有)」vs「ケロッグ(現商標権保有)」という米企業の代理戦争とも言える。今はケロッグだがついこないだまでプリングルズと言えば「P&G」だったわけで「ペプ」vs「P&G」という「世界第2位の食品会社」vs「世界最大一般消費財メーカー」というビッグタイトル戦が成立しそうだったのだ。(ケロッグも穀類加工食品製造業世界トップではあるが)
近所のスーパーに並ぶポテチを見てここまで想像するのは自分くらいだとは思うが、とにかく日本という国はアメリカの動向に影響されずには居られないのだなと実感し、間も無く行われる米大統領選挙が頭をもたげてくるのだ。

カルビーという圧倒的ブランド力と販売力、人気タレントを使った広告(相葉氏ファンは買わずには居られないだろう)、当面の露出量でどんどんシェアを奪っていく事と思うがどうなるか。そしてカルビーとしては「じゃがりこ」「じゃがビー」、上場を経た後の松本改革の象徴「フルグラ」に続けるか、注目したい。


SONY Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA SEL55F18Z
SONY α7II ILCE-7M2


by qu99-2 | 2016-10-13 23:51