カテゴリ:未分類( 9 )

日清ラ王PREMIUMシリーズ第二弾、フカヒレスープ味。フカヒレ「スープ」味であり、フカヒレに由来するものは一切入っていない。「鶏だしとオイスターソース」味とすべきだが、キャッチーなフカヒレというワードありきの企画だったのだろう。
b0360240_19465563.jpg
格安スーパーにて138円。先日まで176円をキープしていたがいよいよ在庫過多のようでここまで下がっている。通常のラ王シリーズが176円で売られている中、プレミアムなのに138円で売られている姿は少し寂しいものがある。中身は今回同梱の袋3つ。前回は5つだったので驚いたが今回は高級カップ麺系としては普通だ。
b0360240_19465634.jpg
スープ投入後軽く混ぜてから少し時間を置くととろみが出てきて「フカヒレスープを食べている感」が増すと思う。
b0360240_19465582.jpg
当シリーズ第一弾であるラ王PREMIUM 海老濃厚白味噌豚骨のエントリーに予想として書いた「上品系」という言葉だが、今作もそのように感じた。複雑な味が上質に絡まる味は美味いし奥が深いのだが、強力パンチを有する豚骨醤油魚粉系にすっかりノックアウトされている筆者のバカ舌には物足りない。味の薄いものとの組み合わせ、白飯のおかずとして良い。具材は肉系なし、キクラゲの存在が大きいながらも全体量としては少ない。また擬似フカヒレとしてゼラチンの細切り状の物が入っている。麺は細めのノンフライ。とろみの強いスープの為多少時間が経っても伸びにくいのだろうか、絶妙な歯ごたえを最後までキープしていた。

企画草案では本当にフカヒレを使ったカップ麺をやりたかったのではないかと感じる。フカヒレスープ風味の商品は過去に何作もある中、ラ王プレミアムを冠する上で何か新しいインパクトを市場にもたらしたいと思えば、いよいよ本物の乾燥フカヒレを封入するというのはそれなりのインパクトを与えられる。そもそも食材としてフカヒレ自体うまいというわけでもないと思うし、その割にコスト増、種々大人の都合などで結果フカヒレ「スープ」味という形で今回も世に出た。ユーザーとしては「またか」感が伴う部分もある。もちろんカップ麺として美味いのだからこれでいいのだけれど。第3弾はどんなネタで来るのか楽しみだ。

OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8
OLYMPUS OM-D E-M10



[PR]
by qu99-2 | 2017-04-29 20:22 | Comments(0)
b0360240_22262979.jpg

b0360240_22263012.jpg

b0360240_22263466.jpg

b0360240_22263164.jpg

b0360240_22263353.jpg

b0360240_22263207.jpg

b0360240_22263426.jpg

b0360240_22263014.jpg


Panasonic LEICA DG SUMMILUX 15mm/F1.7 ASPH. H-X015
OLYMPUS OM-D E-M10



[PR]
by qu99-2 | 2017-02-22 22:28 | Comments(0)

中河原周辺 7

b0360240_20284120.jpg
b0360240_20283968.jpg
b0360240_20284060.jpg
b0360240_20284231.jpg
b0360240_20284107.jpg
LUMIX G 20mm F1.7 II ASPH. H-H020A-S
OLYMPUS OM-D E-M10



[PR]
by qu99-2 | 2016-11-16 20:29 | Comments(0)
毎年この時季即席麺コーナーには「坦々」という単語が並ぶ。各社ずらっと主力ブランドに坦々麺系の味をラインアップするが日清は「うどん」「そば」「焼きそば」にそれを添えてきた。プレスリリースによると<「日清のどん兵衛」と「日清焼そばU.F.O.」の発売40周年を記念して、おめでたい3色をコンセプトにした "紅白金三種の担々" を発売>とある。その内のどん兵衛2点を購入してみた。
b0360240_21020242.jpg
豚骨白坦々ということで非常に自分好みの味が期待される。
b0360240_21020192.jpg
麺は普通のどん兵衛なので特筆すべき事はなし。味はなるほどこれは旨いと感じる。辛味がかなり低いので坦々系の味が好きだが激辛とかはダメという自分にはぴったりだ。
b0360240_21020320.jpg
続いてそば。こちらは金ごまということで市場に多数ある組み合わせだ。
b0360240_21020013.jpg
こちらも辛味がかなり抑えられている。味は金ごま坦々系としてはスタンダードだが、麺がそばということで好みが分かれるだろう。ちょっと合っていないかと自分は感じた。

SONY Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA SEL55F18Z
SONY α7II ILCE-7M2



[PR]
by qu99-2 | 2016-10-22 21:20 | Comments(0)
b0360240_23102695.jpg
現在iOS端末4台を運用している。写真右から4インチ、4.7インチ、5.5インチ、7.9インチ。
上のエントリーの通り真っ白な外観が好きな為皆似たようなルックスとなっている。右のiPhone3台はどれも格安simを挿し気分で持ち替えている。右端の4インチは5Sだが今でも自分の用途ではまだまだ十分な性能であり、むしろ手のひらにすっぽり収まるこのサイズ感は素晴らしく何物にも代え難い。ただバッテリーの持ちが悪い。SEに買い換えようか検討中だ。4.7インチは地図を見るにもネットを見るにもかなり快適な大きさであり、自分の片手持ちで全機能を使える(頑張れば画面の全域に指が届く)最大の大きさだと考えられる。

4インチ、4.7インチとも出先で本を読む用途となると文字が小さい。そこで左端に写るiPad miniも一緒に持ち歩いている。こちらはWifiモデルなのでネットをするならテザリングということになるがその機能は使った事がない。毎度調べ物はiPhoneだけで片付いてしまう。そして5.5インチはiPhone&iPad miniの2台持ちが解決するかと期待して導入したサイズだ。

ところが自分の目には5.5インチで読書するにはちょっと無理があった。コミックスなら問題ないがちょっと細かい描写のある本などピンチで拡大したりする必要がままある。さらに片手で全機能扱うには厳しい画面サイズであり、例えば満員電車の中でささっとLINE返信したい時など4インチ、4.7インチのようにはいかない。自分にとって使えば使うほど「使えないサイズ」と思い知る。

先日発売したiPhone7はまだ入手していないが4.7インチを選ぶと思う。防水やSuica機能などさしあたり必要に駆られていない上、むしろSEが気になっているので7Sまで見送ってしまうかもしれない。

SONY Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA SEL55F18Z
SONY α7II ILCE-7M2





[PR]
by qu99-2 | 2016-10-19 23:50 | Comments(0)
2016年10月10日(月)関東エリア発売開始。いよいよ店頭に並んだカルビーが放つ成型ポテチだ。
b0360240_22330880.jpg

この商品の発表はお菓子ファンよりも経済界へのインパクトが強かった気がする。巨人カルビーが90年代から狙っていたものの踏み入れなかったいわば禁断の地になぜこのタイミングで飛び込むのか、そこに様々な憶測が広がった。結局はカルビー広報室のJ-castに対する回答「テスト販売をする中、手ごたえを感じたので『やるっきゃない』となり、今回発売に踏み切りました」これに尽きるのだろう。しかし2015年8月発売予定から遅れに遅れ1年2ヶ月後ようやく関東の消費者へ。この間何があったか。オフィシャルだと「生産段階において品質のバラつきが発生し、2015年7月に延期を決定。その後、品質改善プロジェクトを設置し、9ヶ月にわたる生産テストを重ねた」とある。我々をもってしてやはり今回も壁は厚かったが、いよいよそこを突破して発売実現しましたよと。

先だって北海道、東北・信越と販売されていたので噂には聞いていたが、なるほど固い。ガジっと噛みしめる感覚はパリっと軽い競合と明らかに異なる。味は良くも悪くもカルビーの味。慣れている自分には安心感があるがインパクトは無い。成型物はやはり通常のポテトチップスより味が落ちる。袋ユーザーがわざわざ成型に流れるとは考え辛い。ヒット成否は既存ユーザー(多くはプリングルズ、チップスター購買層だろう)をどれだけ奪えるかにかかる。

特にプリングルズとの争いはつまり「ペプシコ(カルビー株式20%保有)」vs「ケロッグ(現商標権保有)」という米企業の代理戦争とも言える。今はケロッグだがついこないだまでプリングルズと言えば「P&G」だったわけで「ペプ」vs「P&G」という「世界第2位の食品会社」vs「世界最大一般消費財メーカー」というビッグタイトル戦が成立しそうだったのだ。(ケロッグも穀類加工食品製造業世界トップではあるが)
近所のスーパーに並ぶポテチを見てここまで想像するのは自分くらいだとは思うが、とにかく日本という国はアメリカの動向に影響されずには居られないのだなと実感し、間も無く行われる米大統領選挙が頭をもたげてくるのだ。

カルビーという圧倒的ブランド力と販売力、人気タレントを使った広告(相葉氏ファンは買わずには居られないだろう)、当面の露出量でどんどんシェアを奪っていく事と思うがどうなるか。そしてカルビーとしては「じゃがりこ」「じゃがビー」、上場を経た後の松本改革の象徴「フルグラ」に続けるか、注目したい。


SONY Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA SEL55F18Z
SONY α7II ILCE-7M2


[PR]
by qu99-2 | 2016-10-13 23:51
いよいよ明日2016年9月29日午後3時、My Yahoo!(マイヤフー)が終わる。2013年iGoogle終了に続きまた難民となる。せめて有料会員だけでもサービスの継続をと訴えてきたがそれも叶わず事ここに至る。今回避難先に選んだのは「Feed Watcher」だ。gigazineの記事が詳しい。 特徴はYahooのサービス(現時点でヤフオク)を表示できる事。Yahooジャパンがカレット株式会社とどういう契約をしているか知らないが、どうか今後も協力的であって欲しい。

カレット株式会社のニュースリリースを見るとどうやら彼ら自身も難民のようだ。
上記に出てくる「使命感」「リスペクト」という言葉。
利益を出す事が極めて難しい業務という事は大手が相次いで手を引く事から周知な以上こうした想いがサービス継続を支える柱となる。

是非とも頑張って欲しい。






[PR]
by qu99-2 | 2016-09-28 20:26 | Comments(0)

portrait 495

b0360240_20432466.jpg
b0360240_20432398.jpg
b0360240_20432368.jpg
ポートレート 瞬(madoka)
SONY Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA SEL55F18Z
SONY α7II ILCE-7M2





[PR]
by qu99-2 | 2016-09-14 20:45 | Comments(0)
b0360240_20352565.jpg

b0360240_20352370.jpg

b0360240_2035227.jpg

b0360240_20352072.jpg

b0360240_20351931.jpg

b0360240_2035178.jpg

b0360240_2035158.jpg

b0360240_20351360.jpg



SONY Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS
SONY α7II ILCE-7M2

[PR]
by qu99-2 | 2016-06-24 20:37 | Comments(0)